MacroDroid 設定


開発者の承諾ををいただき、Androidアプリ「MacroDroid デバイス自動化」の翻訳しました。
(→翻訳文の注意

お願い: リンクや引用は自由ですが、出典元(参照元)リンクを明記ください。
Macro Droid 概要 サブメニュー 基本設定 トリガー アクション 条件 テンプレート

MacroDroid ホーム - [設定]

更新日: 2020年4月時点での内容です。
私も単なるユーザーです。実際に使ってみながら少しずつ書き出しました。万一、相違がありましたらご容赦ください。


MacroDroidの設定


MacroDroid Trigger

MacroDroid Trigger

[ホーム]→[設定]→

【MacroDroidを「バッテリー最適化」から除外する】

「バッテリー最適化」とは、Android本体の機能であり、バッテリー消費を減らすために、アプリの無駄な動き止める役割があります。 通常は、デフォルト(初期値)で、多くのアプリが「最適化が有効」になっています。 各アプリごとに「電池の最適化」をON/OFFすることができます。 

マクロを正常に動作させるために、最適化の対象からMacroDroidを外します(最適化を無効にする)。


[ホーム]→[設定]→

【夜の暗いモード】

夜間や暗い場所で、目を保護するために、背景を暗くする「暗いモード/夜モード」があり、 有効/無効の設定が可能です。

システム標準で搭載している機器では「システムの既定値に合わせる」設定も可能です。


[ホーム]→[設定]→

【ルート化必須の機能を表示する】

MacroDroidのマクロ機能の中には、機器本体のルート化が必要な機能も含まれています。ルート化していない機器上では動作しません。

ルート権限が必要なマクロ機能を表示する/表示しないを設定します。

ルート化必須のトリガー:

ルート化必須のアクション:


[ホーム]→[設定]→

【実験的な機能を表示する】

MacroDroidの機能の中に、まだ開発実験中の機能も含まれています
実験中の機能を表示する/表示しないを設定します。


[ホーム]→[設定]→

【マクロ一覧からウィザード式】

マクロを新規に追加時に使用する画面形式を選択できます。

  • ウィザード形式のマクロ画面
  • 空のマクロ画面

私、個人的には「空のマクロ画面」が使いやすいです。


[ホーム]→[設定]→

【カテゴリーを編集する】

マクロを分類して整理するカテゴリーが既定で用意されています。
自分で自由に編集可能です。

既定カテゴリー:

  • エンターテイメント
  • カスタマイズ
  • クイック・タイル
  • ゲーム
  • コミュニケーション
  • ショッピング
  • スポーツ
  • セキュリティ
  • ソーシャル
  • その他
  • ニュース&テレビ
  • ビデオ
  • ユーティリティ
  • 位置情報
  • 音楽&オーディオ
  • 機器設定&構成
  • 健康&フィットネス
  • 仕事効率
  • 写真&カメラ
  • 受信&着信応答
  • 住居&自宅
  • 乗物&ドライブ
  • 地図&ナビゲーション
  • 通知&お知らせ
  • 天気&天候
  • 電池&バッテリー節約

※アクション「カテゴリーを有効/無効」でカテゴリー丸ごとマクロを有効/無効にできます。

※既に利用ユーザーでカスタマイズしたカテゴリーは、更新や再インストールしても、そのまま引き継がれます。

※リストをリセットして既定の初期値を取得したい方は、リセット操作の手順を参照。


[ホーム]→[設定]→

【MacroDroidモード名の一覧】

「MacroDroidモード」はグローバル変数の1つです。
マクロ実行時の「トリガーの1つ」として、または「1つの条件の1つ」として、使用できます。

モードの既定値として事前に設定しておきます。ここでは「名前」を編集するだけです。
初期値として9個のモード名が用意されていますが、自由に編集可能です。
(モードに関連づける内容は、自分でマクロを作成する必要があります)

  • 不在モード
  • 仕事モード
  • 休日モード
  • 写真モード
  • 夜間モード
  • 標準モード(初期値)
  • 移動モード(通勤や通学)
  • 自宅モード
  • 運転モード

モードを活用した操作:

※既に利用ユーザーでカスタマイズしたモード名は、更新や再インストールしても、そのまま引き継がれます。

※リストをリセットして既定の初期値を取得したい方は、リセット操作の手順を参照。


[ホーム]→[設定]→

【テキスト読み上げ言語】

言語リストから希望の言語(「日本語」や「英語」)を選びます。

※「読み上げ」機能を使用するには音声合成ライブラリが必要です。Google Playから「音声合成ライブラリ」(TTS)をダウンロードしてインストールしてください。

※この設定値を動的に(マクロ実行時に)変更するには、「アクション」の[MacroDroid設定を変更する]アクションの「テキスト読み上げ言語」を使用します。


[ホーム]→[設定]→

【音声読み上げオーディオストリーム】

音声読み上げ時の「音声の出力先」をこのオーディオストリームに割り当てます。
読み上げ音量は、そのストリームの音量を適用して再生されます。

  • 着信音
  • 通知音
  • アラーム音
  • メディア/音楽
  • システム音
  • 音声電話

音声ストリームを活用した操作:

※「読み上げ」機能を使用するには音声合成ライブラリが必要です。Google Playから「音声合成ライブラリ」(TTS)をダウンロードしてインストールしてください。

※この設定値を動的に(マクロ実行時に)変更するには、「アクション」の[MacroDroid設定を変更する]アクションの「音声読み上げオーディオストリーム」を使用します。


[ホーム]→[設定]→

【サウンド再生のオーディオストリーム】

サウンド再生時の「音の出力先」をこのオーディオストリームに割り当てます。
再生の音量は、そのストリームの音量を適用して再生されます。

  • 着信音
  • 通知音
  • アラーム音
  • メディア/音楽
  • システム音
  • 音声電話

サウンドストリームを活用した操作:

※この設定値を動的に(マクロ実行時に)変更するには、「アクション」の[MacroDroid設定を変更する]アクションの「サウンド再生オーディオストリーム」を使用します。


[ホーム]→[設定]→

【Twitterアカウント】

Twitter(ツイッタ―)の自分のアカウント設定を行います。

Twitterを活用した操作:


[ホーム]→[設定]→

【トリガーオプション】

※この設定値★を動的に(マクロ実行時に)変更するには、「アクション」の[MacroDroid設定を変更する]アクションを使用します。


[ホーム]→[設定]→

【アクションオプション】

  • 写真撮影アクション
    • リア(アウト)カメラのサイズ(画素数)指定
    • フロント(イン)カメラのサイズ(画素数)指定
  • 直近の写真共有アクション
    • アップロード再試行間隔: 1度のみ、1分、5分、10分、30分
    • 送信の完了時に通知する/通知しない
    • 送信の失敗時に通知する/通知しない
  • 位置情報の共有アクション
    • アップロード再試行間隔: 1度のみ、1分、5分、10分、30分
    • 送信の完了時に通知する/通知しない
    • 送信の失敗時に通知する/通知しない
  • ツイート(Twitter)アクション
    • アップロード再試行間隔: 1度のみ、1分、5分、10分、30分
    • 送信の完了時に通知する/通知しない
    • 送信の失敗時に通知する/通知しない
  • 録音アクション
    • メディアライブラリから隠す/隠さない
  • UDPコマンドアクション
    • 送信の失敗時に通知する/通知しない

[ホーム]→[設定]→

【条件オプション】

※この設定値★を動的に(マクロ実行時に)変更するには、「アクション」の[MacroDroid設定を変更する]アクションを使用します。


[ホーム]→[設定]→

【メール設定】

  • Gmailアカウント(送信元): 
    • 自分のGmailアカウントを選択する
    • パスワード認証を使用する
      (メール送信に失敗した場合、このオプションを有効にしてパスワードを手入力してください)
    • 送信の再試行間隔: 1度のみ、1分、5分、10分、30分
    • 送信の完了時に通知する/通知しない
    • 送信の失敗時に通知する/通知しない
  • SMTPサーバー:
    • STMPサーバーアドレス
    • STMPサーバーポート番号
    • 認証を利用する/利用しない
    • ユーザー名
    • パスワード
    • 送信の完了時に通知する/通知しない
    • 送信の失敗時に通知する/通知しない

[ホーム]→[設定]→

【マクロ・テンプレートのオプション】

外国語のテンプレートを自動翻訳する/翻訳しない

テンプレート・ストアをご覧ください。


[ホーム]→[設定]→

【パスワード保護】

パスワードを有効にして、MacroDroidアプリへのアクセスを保護します。


[ホーム]→[設定]→

【言語設定】

  • システム言語(機器本体のシステム言語と同じもの)
  • (外国語リストから選択する)

[ホーム]→[設定]→

【MacroDroidをアンインストール】

機器本体の「システム設定を変更」のアクセス許可からMacroDroidを無効にして、アプリをアンインストールします。(無効にしないとアンインストールできません)


■リセット手順:

最新版では改善されているかもしれませんが、うまくリセット出来ない方は、下記の手順をお試しください。

  1. バックアップ: 
    現在の作成済みのマクロを全てバックアップを取ります。(忘れずに!)
  2. 復元を停止: 
    スマホ機器本体の[システム]→[バックアップ]のオプションで[データーを復元する]をOFFにして、
  3. キャッシュ消去: 
    スマホ機器本体のアプリのインストール一覧からMacroDroidを探し、MacroDroidアプリのキャッシュを消去して、
  4. 管理から外す: 
    基本設定の「MacroDroidをアンインストール」をクリックする。
    または手動でスマホ機器本体の「システム設定を変更」のアクセス許可からMacroDroidを外す。(アクセス許可を有効にしていなかった方は操作不要)(外さないとアンインストールできません)
  5. アンインストール: 
    MacroDroidアプリをアンインストールして、
  6. インストール: 
    Google Playストアから、MacroDroid デバイス自動化を再インストールします。
    これで初期状態(既定)のリストになっています。

  7. インポートで復元:
    その後、MacroDroidを開き、バックアップしたマクロをインポートで復元します。
    既にカスタマイズした利用中のカテゴリー名やモード名も復元されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【注意】
コメントは管理者の承認後に表示されます。
Your comment will be displayed online after Admin's approval.